問い合わせがくるホームページの3大要素

@ニーズが絞られている(ターゲット顧客を絞る)
A更新が頻繁に行われている(Yahoo、Google 対策)
Bページ数が多い(アクセスを稼ぐために) 

 

1. ニーズが絞られている
=1 社で複数のホームページを持つ時代=

ほとんどの会社が、いくつかの商品やサービスを持っています。

それらを全て紹介する総合カタログ的なホームページでは問い合わせが来にくい。 

どれか 1 つに絞ってホームページを構成することが重要です。

現在では、商品ごとにホームページを複数持つことも当たり前の時代です。 

 

2. 更新が頻繁に行われている
=現代の Yahoo、Google 対策=

YahooやGoogleなどの検索ページに掲載されるために、一番重要な要素です。

内容を絞って(ターゲット顧客を絞った内容)、そのジャンルについて毎日更新することが理想です。 

 

3. ページ数が多い
=成功したいというやる気だけで出来る=

1ページで1000アクセス稼ぐページを作るのではなく、1ページで10アクセス稼ぐページを100ページ作るほうが簡単です。 

1ページで1000アクセス稼ぐページを作るには、豊富なSEO対策の知識が必要です。しかし、後者の考え方であれば必要なのはやる気だけで誰でもできます。 

 

東濃地域の中小企業様 必見!
 中小企業のホームページは、情報提供型が成功する!


ユーザーは何を求めてホームページを見るのでしょうか?

■ 自分の「悩み」を解決するための情報
■ 自分の「ニーズ」を満たすための情報


ユーザーは、これらの情報を求めてホームページを閲覧します。
貴社のホームページが「ユーザーの求める情報」を提供できたとき、はじめて信用を得ることができ、ビジネスに繋がっていきます。
そして、「ユーザーが求める情報」には、「質・量・鮮度」が不可欠です!

「言っていることは分かるけど、それが難しい・・・」

と、お考えの方、そんなことはありません。
「絶対に会社の業績を伸ばす!」というやる気さえあれば、誰でも簡単にホームページができる仕組みがあるからです。

その仕組みが「ホムペ ドットビズ」サービスであり、「ホームページが貴社の業績アップに繋がるまで、弊社がサポートさせていただく」ことが最大の特徴です。

ホムペ ドットビズの詳しい内容はこちらをご覧下さい>>