見込み客の獲得コスト

さて続いては、「見込み客の獲得コスト」についてお話ししてみます。
本コンテンツも「会話調」でお話しします。(私と税理士Aさんの会話だと思って下さい。)

ホームページにおける見込み客とは?

A 「今度ホームページで見込み客を開拓したいんですけど、どうしたらいいですかね?」
 
私 「そうですね。ところで見込み客を獲得する、と言うのは、具体的にはどういことか、分かりますか?」

A 「申込み書をもらう、って事ですよね。」

私 「ええ、そうです。資料送付の場合は、“住所+氏名”、メールでの情報提供の場合は、“メールアドレス”を、入手することですね。
つまり、継続的に“見込み客”とコンタクトできる“連絡手段”を教えてもらうことが、ホームページでの“見込み客獲得”ということなんです。」


A 「なるほど。」

私 「ところで、一般的に、この見込み客を獲得するコストって、どれ位かかるか、ご存じですか?」

A 「いや〜、今までマーケティングなんてやったことないもので・・・」

見込み客の獲得コスト

私 「商品によってピンキリですが、例えばクレジットカードの資料申込みとかだと、1件1万円くらいが相場と言われています。」

A 「へえ〜、そんなに高いんですか」

私 「しかもこのコストは、あくまでも“資料送付先の住所氏名を入手するための費用”です。資料を送付しても実際に申込みするのは、その何割かですから、実際の“顧客獲得コスト”は、もっと高いんですよね。」

A 「う〜ん。じゃ、私の場合だと、いくら位ですかね?」

私 「Aさんは税理士さんですから、対象とする税務アドバイスの内容で、かなり上下すると思います。例えば“不動産の節税に興味がある人”はたくさんいますから、多分1,000円〜2,000円/人くらいだと思いますよ。でも“今現在、相続税で困っていて、直ぐに契約してくれそうな見込み客”だと、たぶん2〜3万円/人くらいじゃないでしょうか?」

A 「へ〜。じゃあ、御社の場合はどれ位で、見込み客を獲得しているんですか?」

私 「どのルートでホームページにアクセスしてもらったかで、コストは大分違います。検索サイト経由の場合は、ほとんどコストはゼロですし、リンク先からのアクセスも同様にコストゼロです。」

A 「0円ですか。いいですね。」

私 「でも、インターネットで広告を打った場合、もう少しお金がかかります。電子メールのアドレスを獲得するだけだったら、安くて200円、広告に失敗して高くついた時だと、1,000円くらいでした。」

A 「なるほど。かなり違うんですね。じゃあ、私はどうすれば良いですかね?」

私 「最初からお金かけると失敗しますから、まずは地道に、検索サイトやリンク集からのアクセスを増やしていきましょう。そして、アクセスしてくれた人に、資料請求してもらうノウハウを蓄積していくのが先決ですね。」

ホームページを商売に活用する第一歩は、「見込み客を獲得すること」です。

でも、この見込み客獲得には当然お金がかかります。

現実の世界でも、チラシをまいたり、DMを送ったりして、あの手この手で見込み客を獲得しようとしますが、ネットでも同じです。

Aさんとの会話でも出てきましたが、対象の商品や登録してもらう情報により、このコストは100円〜何万円と、大変な開きがあります。

従って、あなたがホームページで見込み客を獲得しようとする時には、大体どれくらいのコストをかけるつもりかを、事前に検討しましょう。

500円の商品を売るのに、1万円もコストをかけたら、大赤字ですからね。


さて続いては、ホームページ作成における「見込み客獲得」の王道手段、「メールアドレスの収集」についてお話ししてみましょう。

東濃地域の中小企業様 必見!
 中小企業のホームページは、情報提供型が成功する!


ユーザーは何を求めてホームページを見るのでしょうか?

■ 自分の「悩み」を解決するための情報
■ 自分の「ニーズ」を満たすための情報


ユーザーは、これらの情報を求めてホームページを閲覧します。
貴社のホームページが「ユーザーの求める情報」を提供できたとき、はじめて信用を得ることができ、ビジネスに繋がっていきます。
そして、「ユーザーが求める情報」には、「質・量・鮮度」が不可欠です!

「言っていることは分かるけど、それが難しい・・・」

と、お考えの方、そんなことはありません。
「絶対に会社の業績を伸ばす!」というやる気さえあれば、誰でも簡単にホームページができる仕組みがあるからです。

その仕組みが「ホムペ ドットビズ」サービスであり、「ホームページが貴社の業績アップに繋がるまで、弊社がサポートさせていただく」ことが最大の特徴です。

ホムペ ドットビズの詳しい内容はこちらをご覧下さい>>